新年霊授会2019

インフルエンザ大流行中でドキドキでしたが、毎年楽しみにしている「新年霊授会」に今年も無事参加させていただくことができました


今回は裏方として関わらせていただきましたので、その視点から一個人として少し書いてみようかなと思います

会場の明治記念館





さて、今回の新年霊授会は、日本各地、そしてアメリカ、台湾、ルーマニア、インドネシアのお仲間さんも集って62名の大盛会になりました

まずは多くのご参加をいただきましたことに、一実行委員として、心より、感謝申し上げます

開会直前の様子





この会はもともとGRN主催行事でしたが、昨年「次の開催は難しい」ということになったとき北海道の増田さんが立ち上がってくださり、神奈川お二人、福岡、鹿児島、そして福島、計6名が実行委員となり、準備を進めてきました



そんな様子を見聞きされて
「今回は参加しない予定だったけれど実行委員が頑張っているから」
と申し込んでくださった方や、お知り合いに参加を呼び掛けてくださった方もいらっしゃると聞いております


また
大阪のマスターさんは懇親会で上映するスライド作成などを、
千葉の二人のマスターさんは明るく楽しく細やかにサポートを、
アメリカ在住のマスターさんは海外の方へのお声かけや通訳を、

それから
東京と千葉の英語のできるマスターさんはわたしの個人的なお願いに応えて、快く海外のマスターさんとの橋渡しをしてくださいました

他にも、見えないところで働きかけてくださった方もいらしたように思います





また二次会の事前申込は21名でしたが、当日次々にお申し込みをいただいて34名に!
念のため25名で予約していたお部屋もいっぱいになり、急遽隣の部屋も追加。

それでも21時には全員がひとつの部屋にぎゅぅっと集合して、日本各地やスペインや台湾など海外の実践者さんたち総勢200名以上とも繋がって、みんなで宇宙平安の祈り・・・!




そのような、みんなの愛と調和がつくった大盛会。
素晴らしい一日でした・・・(涙)

明治記念館ロビーから中庭を望む




以前GRN発行のメルマガに「新年霊授会告知」として実行委員のメッセージを載せていただいたのですが、鹿児島の丸野さんがこのようなメッセージを書いてくださっていました


『全国に支え合い、励まし合う仲間がいる。
 それが、私たちの強みです。』


私たち、というのは、共に現代レイキを学ぶみんなです

参加したとかしないとか関係なく、会ったことあるとかないとか関係なく、みんなです



わたしは今回、それを体験として深く理解することができました

心から、幸せに想います

本当に、ありがとうございました・・・!


懇親会の締めくくりに土居先生から「相撲甚句」のサプライズ。涙された方も・・・










さて、2020年の新年霊授会についてです


来年からは土居先生が主催されることとなり、プログラムもより楽しいものになるようです

新年霊授会は従来通りマスター限定ですが、同日、レベル3までの方もご参加いただける交流会が予定されているとのこと。詳しくは正式発表を楽しみに待ちたいと思います

こんな素敵な体験がまたできるかと思うと、今からワクワクしてきます





そしてわたしは引き続き福島で現代レイキをお伝えしていきますので、みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA