伊達市梁川美術館

出逢いはいつも必然

人と人だけでなく
人とモノもそう

エネルギーとエネルギーの出逢いですね




先日は“美術館”で検索していて
どれもピンとこないなぁ・・・と
検索を終わろうとしたとき

たまたま伊達市梁川美術館のページを見つけました


この観音様と修道女の写真を見た瞬間
ハッとしましたね

自分の中の“何か”と共鳴して
「この作品に直接会いたい」
「この作品のエネルギーに触れたい」
と思いました



この作品の作者、故・太田良平さんは
伊達市梁川町出身の彫刻家さんです


恥ずかしながら
それまで存じ上げなかったのですが

実際に足を運んで
その経歴を知り
作品の波動に触れたら

胸がいっぱいになり
言葉が出ませんでした




写真を見てハッとした
自分の中の“何か”の正体は

最近しばらく忘れていた
魂の一部分だったように感じられ

太田良平さんの作品によって
思い出させてもらった気がします


【リンク】伊達市梁川美術館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA