ヒーリングによる共鳴


手当てヒーリングをしていると
理屈では説明できない感情が
沸き上がってくることがあります



レイキ習いたての頃
重い病気を患っていらっしゃる方に
ヒーリングさせていただいたとき

ヒーリーさんは普通に寝ていらしたのに
他のヒーラーさんたちは皆普通に手当をしていたのに

わたしだけがなぜか最初から最後まで
大号泣だったことがありました



一体どこからやってくるのか
悲しい感情が次から次へと
どんどん溢れてきて止まらなかったのです



今日の実践交流会では参加者さんが
「ありがとう~~!」の気持ちが溢れてきたそうです
素敵な共鳴ですね


“出逢い”は
それだけでも十分に奇跡的ですが

レイキは
初めてお会いした方のお体に手を当てさせていただくという
特別なご縁でもあるなぁ、と改めて感じました

参加者さま、ありがとうございました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA