震災から一年と四日。

日曜日は 震災から一年の日でしたね

私も被災地に住む者として何か記事を書くべきなのか悩みましたが、私の拙い文章力ではどうにもならず、想いばかりがてんこもりでした

それでも感じたことだけでも伝えられたらと記事を書き始め、何度も何度も手直ししているうちにこんなに日にちが過ぎてしまい・・・

どうしようかと思いましたが、UPすることにします。何となく、残しておいた方がいい気がするのでね・・・



さてさて、正直言うと11日から13日までは“気を抜くと涙が出てしまう”という感じでした

震災、放射能、被災者、被災地、原発、そして、ふくしま・・・

当たり前に見聞きするキーワードがなぜかハートのあちこちにヒットして、よく泣いていました

亡くなられた方を想った時には自分でもびっくりするくらいの号泣となってしまいました




この一年
「前見よう、前!とにかく前だ!」
という感じでダーーーーッと走ってきたはいいけれど、給水地点まで来て、ふと足の裏をみたら
「あらやだ あちこちにクギ刺さってんじゃん!全然気付かなかったよ!しかもすごく奥の方が痛いよ!」
・・・・みたいなところでしょうかね・・・・・

そんな傷を負ってたんかい!と驚いちゃいました

きっと同じような方はたくさんいらっしゃると思います




とここまで書いておきながらナンなのですが、自分の内面の弱さを記事にするのもどうかなぁ と躊躇もしたんですよ・・・

お客様が見てくださってるかもしれないんだからしっかりがんばってる内容じゃなきゃ・・・・ と



でもどんなに飾っても強がっても仕方ないもんなぁ


弱いところもダメなところもあっての私

物事を頭で考えるんじゃなくハートとエネルギーで感知するのが私

お客様にとって、きっとプラスになる!と思えばうちのサロンの利益はそっちのけで他サロン様のメニューをお勧めしちゃったりもするのも私

それでいいと思っています

私個人のちっぽけな利益なんかよりお客様にいっぱい幸せになっていただきたい

そのために私ができることは何でもしたいし、知っている情報は何でも教えてさしあげたいって 心から思うから





震災から一年
長い長い「その後」はまだ始まったばかり

私にできることは本当に小さなことかもしれないけど、ひとつずつ、ひとつずつ、ずっと続けていきます

みんなが笑顔でいられるように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA