自分軸を太くする方法

今日はお客様との会話の中で「自分軸」というワードが出てきたのですが、その瞬間イメージが降りてきました。

↓こちら、自分軸がブレているイメージです。



自分軸って「太くする」っていうけど、たぶん細いんじゃないですよ。
余計なものをくっつけすぎて全体のシルエットから見ると細い、圧迫されて細く見えている、あるいは、バランスが悪いから頼りなく見える、というだけじゃないかな。
わたしはそう感じました。

余計なものとは、育ってきた環境による刷り込みや、自分自身の体験による経験知などがあります。家庭や学校や社会にうまく適応しようとするとどうしてもくっつけざるを得ませんでしたもんね。。。

それでバランスが崩れて心が疲弊してしまったり、バランスよくくっつけているように見えても自分らしく生きているわけではなかったり、鎧のように身を守っている(気がする)から奪われたらどうしようと恐れを感じたり、自分を立て直そうにもどこから手を付けたらいいのか分からなくなってしまうわけですね。




じゃあ自分軸が太いってどういうイメージか、というと、こちら。


余計なものを取り除いた結果、軸のシルエットがはっきりし、あるいは圧迫されていた部分が元の状態に戻り、シンプルな自分自身となって凛と立っていられる状態です(この写真はあくまでもイメージですし、何もくっつけていないのでちょっと極端ではありますが)。

また、誰かのために動ける身軽さや強さも取り戻しているし、必要な部分しか残していないので自分自身のメンテナンスもラクです。




ならばどうすればこの余計なものを取り除けるか、ということですが、取り除くということは、浄化です。くっついているものは物質もあるけれども根本的にはすべてエネルギーなので、意図的に捨てる。または浄化する。


浄化するためには、ヒーリング。
エネルギーによる癒しを行うことです。


癒しを行うためには、そう、レイキ。


いろんなエネルギーワークがありますけれどもわたしはやっぱりレイキをおすすめしたいですね。
エネルギーワークはレイキに始まりレイキに終わると言っても過言ではない、とわたしは思います。

なぜなら、もともと自然のエネルギー。宇宙そのものだからです。

そしてあなた自身も宇宙を構成している一部なので、宇宙そのものと響き合うということは、自然体で生きられるよう変化していけるということに他ならないのです。




というわけで、今日の結論。

「自分軸を太くする方法は、レイキで浄化促進!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA