音韻分析からの「令和」

明けましておめでとうございます。
新しい時代をこのように明るく迎えることができましたことを、上皇陛下・上皇后陛下に感謝しながら、みなさんとともに祝いたいと思います。


さて、この「令和」の「令」。
文字としては、靈氣の「靈」を簡素に表したものであることは別の記事『令和。れいわ。靈氣で調和していく時代。』で書きましたが、さらに音韻分析という側面から見ると、大変興味深い音であることがわかりました。

「 r 」の音は「流音(りゅうおん)」と言われ、「転じる」という意味を表す語に多用されます。たとえば、英語の「return」などがそうです。

脳科学者 中野信子著「脳科学からみた『祈り』」より


これは南無妙法蓮華経の「蓮」について書かれていたくだりなのですが、これに当てはめると「令和」は、「調和に転じる」という意味、あるいは「調和していこうという意志」と解釈できるのかもしれないなぁと感じました。


知れば知るほど、大好きになる元号・令和。
きっと、良い時代にしていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA