気付く。気付かない。気づいても受け取らない。

こんにちは はなっぷです(^^)

現代レイキマスターが集まる、年に一度の最重要行事『新年霊授会』に参加してきました。

昨年、マスターに認定していただいたばかりで正直まだそのような場所に行くには早いのでは、とも思ったのですが、ご縁あって熱心にお誘いいただき、思い切って決断してみました


費用もかかることですし
会場は東京の明治記念館で私にはとても敷居が高く感じましたし
顔見知りが誰もいませんでしたし
自己紹介タイムがあることも知っていましたし…


私にとっては、結構な勇気を出しての参加となったのです

(散会まで楽しく笑顔で過ごしたつもりでしたが、写メはものすごい顔して写ってました(笑)やっぱり緊張してたんだなぁ)



しかし、“経験”って、してみるものですね
終わってみたら、みえる景色が変わりました。

それは想像もしていなかった、とても明るく、広い、あたたかな風景…



現代レイキヒーリング協会の土居裕(どい・ひろし)先生が、おっしゃっていました

宇宙は私たちを「そこで学んでおいで」と地球に降ろして、そのまま放り投げているわけではない。
いつでもどんなときも、導きや向上のための仕組みや救いの手を与えているのです。
それをどこまで受け取ることが出来るかは、その人の受信機(受信器)次第なのですよ


そうか・・・・
某かの機会が与えられたときにチャンスだと気付いて行動にうつすか
気付いても「無理」「面倒」と拒否するか
チャンスだということにも気付かないか・・・・

悩んでいる最中に示されるヒントに対して
ハッと気づいて謙虚に向き合えるか
そうかもしれないと思いつつ直視したくないからスルーするか
ヒントであることにも気付かないか・・・・

受信機の精度(受信器の大きさ)って、そういうことなんだなぁ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA