内観


自分の心の内側を観察する《内観》が面白くてハマっております

例えば、ドキュメンタリー番組を見て泣いた時、いつもなら「感動した…(;_;)」で終わるところを、一歩踏み込んでみるわけです


なぜ私は感動したのだろう、と。


当事者と自分がかぶったから?
当事者の関係者の気持ちを思うから?
再現シーンの俳優の表情がせつなかったから?
BGMに感動したから?
映像がイマジネーションを刺激されたから?
ナレーションの声が良かったから?


そんなふうに自分に沸き起こる感情を、ただ単に「感動した」「すごかった」「ムカついた」「嬉しかった」・・・で終わらせない。

または
「あれ?何か違和感がある・・・・」
その小さなひっかかりを、そのままにしない。

ちょっと立ち止まって、心の奥にフォーカスしてみる。
「なんでこう思った?」と。


それが内観


すると、意外な自分に気付いたり、意外な事実を発見したりして、面白いわけです

そして、内観は
◎ ご自分の感情に振り回されやすい方
◎ 自分の考えを表現するのが苦手な方
◎ 人の話を鵜呑みにしやすい方
◎ 噂話に流されやすい方
にもおすすめじゃないかなぁ、とも思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA