会津のフリーペーパー「会津嶺」の良記事


今日の写真は 会津人ならだれでも知ってる地元誌「会津嶺(あいづね)」です

今月号には目黒督朗さんの特集記事が掲載されています


「会津を代表するお菓子といえば?」
と聞かれたら誰もが口をそろえるであろう『お菓子の蔵 太郎庵』の社長さん

直接お会いしたことはなくても
そのあたたかく穏やかで誠実なお人柄が 各メディアを通じて伝わってきます


このインタビューでは座右の銘も紹介されていました

勉強、勉強、勉強、勉強のみよく奇跡を生む


武者小路実篤


まだ店を持つ前、六花亭創業者・小田豊四郎さん※に
「どうしたら小田さんのような経営ができるのか」
とたずねたときに返ってきた言葉だそうです

 ※『お菓子の街をつくった男』と言われ
  『その町の文化の程度はその町のお菓子でわかる』の名言を残された


目黒さんの生い立ちや菓子職人・経営者としての歩みも含め
学ぶところの多い素晴らしい記事でした


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA