「苦手」「嫌だ」はリフレーミングで改善する場合があります


同じ意味を指していても
言葉が違えば 受け取る感覚もまるで違う
ということに 改めて気付きました


例えばお金。
紙幣。銭。マネー。現金。現ナマ。キャッシュ。諭吉さん。お金さん。。。。

呼び方によっては
乱暴なものにも 生々しいものにも 親しみのあるものにも変わります



いつも何気なく使っている言葉でも
表現の違いだけで「思い込まされている」こともあるのです

それで損していたらもったいない・・・!

あまり好きではない言葉 抵抗のある言葉は
違う表現がないか ちょっと探ってみてください

案外それだけで視界が開けたりもします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA