宇宙平安の祈り① 災害時


前回の記事で少し触れました「宇宙平安の祈り」について、少し書いてみますね。
⇒3/15「小さなことだけど…平和のために。」



大震災や噴火などの災害時、霊気を学ばれた方の中には、その土地・地域に向けて遠隔ヒーリングをされる方は多いと思います。
わたしも以前はそうしていました


現代レイキではどうかと言いますと、遠隔ヒーリングよりも『宇宙平安の祈り』を行うことをおすすめしています。


これには理由があります。
現代レイキのヒーリングの特色から考えると分かりやすいですよ。


現代レイキのヒーリングは患部や不調箇所だけの治癒を目的とするのではなく、「その方が本来の状態を取り戻すこと(命が光り輝く状態)」を目的として行います。


ですから肉体を一つの生命体としてヒーリングするのと同様に、地球も一つの生命体としてとらえます。

災害のあった土地・地域だけを対象とするのではなく、「地球が本来の状態を取り戻すこと(調和している状態)」を目的として、高い波動からの祈りを行うのです。




宇宙平安の祈りは、誰でも、ご自分の都合のよいときに、いつでも、日に何度でも、少しの時間でも、行うことができます。

手順をご紹介しておきますね。

「宇宙平安の祈り」


①両手を上げてレイキの光とつながった、とイメージする。


②合掌して目を閉じ、高次元の存在に意識を合わせて次の祈りを行う。


大宇宙、大生命、そしてレイキ実践者を導きサポートする光の存在たち。
霊気の光によって、全宇宙が平和でありますように。
生きとし生けるものが、幸せでありますように。
私たちを取り巻く環境や、一人ひとりの心が、
安らぎと調和に満ちたものでありますように。


③合掌し、感謝して終了する。


※どなたにもできるように一部手順を簡略化しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA