自分の価値観を横に置いて


アドラーは

人間の悩みは、全て対人関係の悩みである

と言い切っています。
一見そうでないように見えるものも、突き詰めていくと人間関係に起因するのだと。


で、その悩みを解消するための方法は巷にいろいろあるわけですが、今日は新聞で、アドラーの言葉ではないけれどこんな文章を見つけました

縁に偶然はなく、良し悪しもない。

厄介な人間関係と向き合うには、自分の価値観を横に置いて、出会った相手を受け入れること


ご縁のある人は“自分の成長のために現れてくれた”ただそれだけのことであって、どんな意味を持たせるかは自分次第なんですよね。

そのためには、“出逢った相手を受け入れる”ことなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA