臼井甕男先生ご生誕の地記念碑行事

臼井霊気療法創始者・臼井甕男先生の故郷にある天鷹神社

その敷地内に「生誕の地記念碑」が建立され、このたび一大行事が行われました




まずは神事・除幕式。
場所は臼井先生のふるさと、岐阜県山県市(やまがたし)谷合(たにあい)です

よつばさん撮影






天鷹(あまたか)神社

一の鳥居

 

以上2枚佐藤明久さん撮影




二ノ鳥居




二ノ鳥居に刻まれた臼井先生のお名前


右から
 長男 臼井甕男
 二男 臼井粲哉(さんや)
 三男 臼井邦茲(くにじ)
と刻まれています

鳥居を奉納されたのは大正12年4月。
大正11年4月の臼井霊気療法学会設立からちょうど一年後です。

ずっと故郷に戻られなかったといわれる臼井先生のこの一年間に、思いを馳せずにはいられません・・・





いよいよ式典の刻となり、まずはみんなで『宇宙平安の祈り』を行い、次に神事、そして除幕式が執り行われました


記念碑は、写真右の白い布の下です



「さん、に、いち」の掛け声でロープが引かれ、記念碑のお目見えでございます

 


よつばさん撮影





石は、臼井先生が修行された鞍馬山で採られた鞍馬石です

現在は採石を禁じられており、全国に数ある石の中でも特に希少価値が高いとのことですが、そのようなレアな石がこの大きさで存在していたとは・・・!

そして、まさに臼井先生のような大らかでやさしく温かみのある形。

記念碑のために待っていてくれたんですね。




ちなみに、この記念碑を制作されたのは地元・山県市の株式会社ウッドストン山田石商さん。
今年で創業100周年とのことで、共に御目出度いことですね。



除幕式のあとは記念撮影

こちらはご来賓の方々とスタッフのみなさん





撮影後は岐阜市・岐阜都ホテルに場所を移しての祝賀会。



ホテルからは金華山とその頂に岐阜城が見えます




会場~♪




祝賀会では何人もの方からご祝辞をいただきましたが、特に山県市長さんと、山県市議会議長さん、お二人のお話が心に響きました

霊気という名前を初めて聞いたときに戸惑われたことを率直にお話しくださり、しかし土居先生の書籍に目を通し、理解に努めてくださって、ついにこうして地域として受け入れてくださったことは、本当にありがたいことと思いました

そして何より、市長・議長といういわゆる “かたい” お立場のお二人から
「霊気」
「臼井先生」
「五戒」
「今日だけは 怒るな 心配すな 感謝して 業をはげめ 人に親切に」
などの言葉が発せられるたび、その響きの美しさに胸がいっぱいになり、こみあげてくるものがありました


ほんとにね、言霊そのものでしたよ・・・(涙)


地域の方にご理解をいただけたのは、土居先生のお人柄とご尽力によるものと思います

そして、臼井先生を育まれた土地はやはり、特別なのだと感じました




前述の山田石商様もご来賓として出席されました

墓石やモニュメントなどの制作にあたっては「施主さんの想いをいかに形にできるか」ということに心を砕き数十回打ち合わせることもあることや、文字を彫るときには書体や文字自体のバランスだけでなく彫りの深さも大切であることなどなど、丁寧なお仕事の様子をたくさんお伺いすることができました


佐藤明久さん撮影





2018年9月23日
臼井甕男先生生誕の地記念碑建立記念行事

すばらしい一日でありました



この行事が
好天の下無事執り行われたこと

みなさんの笑顔とともに
楽しく終えることができたこと

そして私自身もあらゆる条件が整い
無事参加させていただけたことに

心から感謝したいと思います



みなさま
本当にありがとうございました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA