好転反応について

イメージ

ヒーリングやエネルギー伝授などを受けられた後、好転反応と呼ばれる現象があらわれる場合があります。
好転反応とは、不要なエネルギーを手放す時の一時的な現象(不調和なエネルギーが調和方向へ整う際に起こる現象)であり、ほとんどの場合翌日にはおさまりますので心配はありません。


  身体症状の例 / 頭痛・発熱・鼻水・湿疹・だるさ・下痢 など
  感情症状の例 / イライラ・不安・ネガティブ・落ち着かない など
  エネルギーあたり / 無気力感・脱力感 など


主な対処方法は次のとおりです。

 ○ 水分を多めに取り、不要なエネルギーの排出を促す。
 ○ 泣きたくなったらガマンせずに泣く。涙でデトックス。
 ○ 感情が出てきた場合は「好転反応かな」と客観的に眺める。


いずれにしても「不要なエネルギーを手放している現象」ですのであまり深刻にならず、ポジティブに受け止めることが大切ですが、長引くときや不安に感じるときはすみやかに医療機関へ受診されることをお勧めいたします。


21日間セルフヒーリング中の好転反応については、不安であればまず医師の診断を受けてください。
それにより問題がなかった場合は、急激な反応が出ないように手当て時間を短縮してヒーリングを続けながら様子をみることをお勧めいたします。


reserve画像

このサイトの一番最初へもどる このページのトップへもどる